飼い犬を飼う前に

飼い犬は家族の一員ですが、犬はあくまでも動物です。
そして、必ず行わなければならないのがしつけです。
もともと犬は主従関係で生きている動物です。
我が家に犬がくることになって、飼い犬の位置を確認するとともに、自分がどの様な立場でいるのかをわからす必要があります。

そんなことをしてはかわいそうと言う方も、ここは心を鬼にして、怒るときにはきちんと怒る、ほめるときにはおもいっきりほめる、そして、その事についての一貫性を持つこと、それが大切です。

ほめる・怒る、やっても良いこととやってはいけない事をハッキリと区別させることで、我が家の暗黙のルールを身を持って教えることです。
それは、子供に対しても同じだと言われています。
子供と飼い犬の立場は当然違うのですが、家族の一員ということでいえば、親が子供にしつけの観点で言うと同じことです。

飼い犬と子供を同じ目線というのではなく、その家のルールの伝授ということでいえば、しつけは大切な事になります。
子供と飼い犬の位置関係ですが、こどもの年齢にもよりますが、良い兄弟関係として、子供が成長するに従って、飼い犬のほうが身分関係を理解していくと言われています。

犬を飼うときに行うしつけに関しては、最初から毅然とした態度で行うことです。
頭の良い動物ですから、一度主人から言われた事は一生忘れることがないと言われています。
それだけ従順な動物でから、良い主従関係で一生付き合えることが理想です。


[管理人推薦リンク]
飼い犬の気持ちやしつけの仕方などがわかる犬の情報サイトです…飼い犬の気持ち

Copyright © 2014 飼い犬の衣食住について All Rights Reserved.